志望動機の書き方

これまで学生から社会人になるときと

これまで学生から社会人になるときと、その会社から転職するときの二回、履歴書を書きました。
その際、志望動機を書く欄がありましたが、学生のときに応募した会社に対する履歴書は、学校特製のものを配布されました。
そこに志望動機を書く欄もあったと思いますが、何と書いたかは忘れてしまいました。

転職の際は、医療機関で働きたいという明確な希望があったので、医療従事者として自分の力量を発揮し、医院の役に立つ人材になりたいといったようなことを書いたと記憶しています。それが琴線に触れたのか、めでたく採用となりました。
志望動機を書く際、目に留まるように書くことは大事ですが、あまりそのことばかりにこだわるのもよくないような気がします。そこに自分の思いのたけをぶつけているのならいいですが、上滑りのことを書いていると面接の際にちぐはぐになってしまうからです。

思いのたけをしっかりぶつけて書き込んだなら、何を聞かれても矛盾しない受け答えができると思います。