志望動機の書き方

志望動機は、ある程度は正直に書いたほうがいいかと思います

志望動機は、ある程度は正直に書いたほうがいいかと思います。就職したい所に魅力を感じている場合は、その魅力を感じている点を書けば面接官の方などにもよい印象を持ってもらえるのではないでしょうか。
志望動機に関しては、面接がある場合には志望動機について聞かれることもあるらしいので、正直に志望動機を書いていればそういった時にも答えやすいかと思います。
しかし、あまりそういった理由がなくなんとなくいいかなと思ったぐらいのことが志望動機だったとしたら、そのことを志望動機として書いてしまうとあまりいい印象を持たれないでしょうね。そういった場合にはなぜそこに就職したいと思ったのかを考えて、そこで思いついたものでいい印象を与えられそうなことを書いてみるのもいいのではないかと思います。 志望動機をそんなにきちんと書いていなくても、就職できてしまうこともあるのではないかと思いますが、きちんと志望動機を書いていないでうまく就職ができなかったということになった時には、やはり後悔してしまうかと思います。そんなことにならないためにも、ある程度気をつけて志望動機も書いておいたほうがいいかもしれませんね。