志望動機の書き方

転職、就職の際に、重要視されるポイントに志望動機があります

転職、就職の際に、重要視されるポイントに志望動機があります。履歴書に書く項目の中で志望動機を書くときは、言葉に気をつける必要があります。
履歴書の書き方などを参考にすると志望動機にピッタリとも思われる言葉、文章は、書きならべられてはいますが、それでは採用担当者に気持ちは十分に伝わらないと言っても過言ではないと思われます。自分自身の都合や家庭の都合などをツベコベ並べて志望動機だと言っても、それは会社には何の関係も無い話なのです。
だから志望動機の書き方の基本は、今までの経歴をまず述べ、そこからどのようにこれから自分がステップアップしていきたいかを話すほうが好感を持たれると思います。よく言いがちな「御社の経営方針に興味を持って」や「御社の将来性に惹かれて」といった内容の志望動機は嫌われる傾向にあります。
その理由として、会社の将来性などどうなるか分からないし、自分がこの会社に就職してどうしたいかを述べる方が好感が持たれるようです。
採用担当者の好みもあるようですが、今まで勤めていた会社の欠点などを出すと嫌がられる傾向にあります。