志望動機の書き方

求人に応募するとき

求人に応募するとき、最初に自分を知ってもらう手段となるのが履歴書です。

けれど、履歴書で個性を発揮するのはなかなか大変で、たいていは決まりきった感じに仕上がるのではないかと思います。そんな履歴書の中でもっともむずかしいのが、志望動機をどのように書くかということだと思います。会社の特徴を理解し、その中でいかにして他の人よりも優れた面が自分にあるかということを主張するには、スペースが狭すぎます。その狭いスペースにいかに効率よく納めるか、印象に残る言葉や文字でつづるかということが重要となってきます。会社はどんな人材を求めているのか、自分は入社したら何ができて何をやりたいと思っているのか、とことん問い詰めてからでないと安易に書いてはいけないところだとも思います。
とにかく応募しようというような気持ちでは、真に相手に届く志望動機を書けるとは思えません。事情はさまざまあるにしても、真摯な想いを届けるような書き方をしなければならないと思うのです。