志望動機の書き方

就職や転職を行うときに、かならず通るのが志望動機を書くことです

就職や転職を行うときに、かならず通るのが志望動機を書くことです。

最初のつかみとなるものなので、適当なものやありきたりな文章ではマイナスとなります。文章を書くのが苦手な方にとっては苦行にもまさるものですが、わたしの場合は特にあまり苦手には感じませんでした。
というのも、入りたい企業に対する熱意、そして自分だったらどのように貢献できるか、そして方向性などを明らかにして書けばいいからです。
もし無理して入ったとしても、今の時代ではいろんなものが不安定すぎて、自分の精神のバランスを崩してしまうなどの危険性があります。それなら最初から無理をしないで、ありのまま思うことを書けばいいのです。
その内容に企業側が魅力を感じれば採用につながるし、企業の社風にあわなければ不採用となるだけです。
無理して入って自分を偽って働くよりも、最初から自分はこうしたい、こういうことでがんばれるということをアピールしてくれたほうが採用側としても選びやすいといっていました。
志望動機については難しく考えず、ありのままの自分をアピールすること。そのアピールの方法のテクニックはありますが、熟練の面接官ならちゃんと見極めると思います。