志望動機の書き方

進学や就職で志望動機を問われることは多くありますが

進学や就職で志望動機を問われることは多くありますが、本音は相手側の目的やニーズに関係のないことが動機だったりすることもしばしばあります。そうなると志望動機を書くことはできなくなります。
そのようなときはやはりパンフレットやインターネットを使って、相手のことをよく知る必要があると思います。そうすることで自分と相手にとってどのような利益が発生するのか、じっくりと考えることができると思います。そして、まず相手の世界に入ってみることができます。相手の立場になってその上で自分の立場を考えて、二つを一つに頭の中ですることで、大人の自分の将来像、幸福観を作ることができます。
志望動機を問われたときの回答というのは、本来の自分の目的によっては難しいときもありますが、これを考えてみることによって大人になっていく部分もあると思います。こう考えると自分にとっても有益な作業です。