志望動機の書き方

私は数年前に定年退職をしましたが、以前は看護師をしておりました

私は数年前に定年退職をしましたが、以前は看護師をしておりました。

地方にある総合病院の看護師でしたが、それなりにキャリアを積んできたため、その病院の看護師の採用試験の面接官を任せられてきました。
地方にある病院とは言え、身分は「地方公務員に準ずる」ので、毎年たくさんの方の応募がありました。
私が対象者を選考する上で重要視したのが「志望動機の書き方」でした。
例えば「人の役に立ちたいと思った。」と書く方が多かったのですが「人の役に立ちたい」だけであれば、この病院でなくても立てるわけですし、もっと言えば「看護師」でなくてもいいわけです。
なぜ、この病院で働きたいのか、なぜこの病院でなければいけないのか、なぜ看護師なのか、という部分がしっかりとしている方を採用するようにしてきました。

また「文字」にも注目しました。
単純にきれいとか汚いという部分ではなく、汚い字でも落ち着いて丁寧に書こうとしているか、という点に注目しました。
きちんと下書きをして準備を整えた方は、途中から字が小さくなることはありません。看護師はミスの許されない職種だからこそ、丁寧な仕事が出来そうな方を選考するようにしていました。