志望動機の書き方

これだけ不況だと

これだけ不況だと、就職も本当に超氷河期をなかなか抜けられないのではないでしょうか?そこで重要になってくるのが、志望動機です。

職歴と平行して自分をアピールできるのは、志望動機が最も大切なポイントだと思います。では、魅力ある志望動機の書き方はどういうものでしょうか?まずは、今までの経験があるならばその経験を交えて、どういう風にその企業に貢献できるかを分かりやすく適切に書くことだと思います。そのためには、まず、その企業の研究をしなければならないと思います。どんなことをしているのか、どんな理念なのか、業界ではどんな位置にいるのか、これからどういう方向で進んでいきたいのかを深く研究する必要があると思います。それに、自分が魅力に感じた点、自分がどのようにその企業と関わっていってどのように貢献できるかを表現することだと思います。
ただ、有名企業だからとか、社風に惹かれたとか、将来性がある企業だからと上っ面なことを述べても、自分がその企業にどんな風に絡んでいけるのか表現しないとこの不況の時代、就職をゲットすることは難しいかもしれませんね。